Journey Out of the Box

RyoとNanaの世界一周帳

ナミブ砂漠は感動の嵐!

日本→中国→モンゴル→ロシア→フィンランド→エストニア→ラトビア→リトアニア→ドイツ→フランス→ドイツ→タンザニア→ルワンダ→ザンビア→ボツワナ→ザンビア→ナミビア→南アフリカ→レソト→南アフリカ→オランダ→アイスランド→ノルウェー→デンマーク→ドイツ→スイス

8/26(土)~27(日) ナミブ砂漠

 

ハロー!Nanaです。

 

やっとの思いでセスリムキャンプサイトについた私たち。

ここを拠点にシュンくんと3人でナミブ砂漠を観光します。

 

1日目は5時半出発でDune45という砂丘で朝日を見る予定です。

キャンプ場からそこまでは飛ばして30分くらい。

昨夜は夜中に着いたのでわかりませんでしたが、日の出前はこんな感じの景色が広がります。

f:id:ryo10nana:20171120002713j:image

そしてこの丘に登るのですが…

f:id:ryo10nana:20171120002740j:image
砂に足が取られて傾斜も急なので、思ったより全然キツい…

f:id:ryo10nana:20171120002823j:image
私は途中で酸欠になって通り過ぎて行く人みんなに「大丈夫?」と声をかけてもらいました。
みんな体力がすごい!いや、私がないのか…(笑)そして優しい!

 

さぁ、日の出の時間になって周りの砂丘が真っ赤に染まっていきます。
なんとも幻想的。

f:id:ryo10nana:20171120003302j:image

f:id:ryo10nana:20171120003323j:image

f:id:ryo10nana:20171120003346j:image

f:id:ryo10nana:20171120002800j:image
ここまで来た甲斐が本当にありました。
とてもじゃないけど言葉では言い表せないので写真をご覧ください(笑)

 

その日は一回キャンプ場に帰ってから夕日も見に行きました。
場所は
ここは砂丘というより山でした(笑)!

 

f:id:ryo10nana:20171120003524j:image

f:id:ryo10nana:20171120003508j:image

 

 

次の日は早朝からデッドフレイとソススフレイへ。
デッドフレイは直訳すると「死んだ湖」という意味で、ここは絵画に見えると話題になった風景で有名ですよね。

途中から四駆のサファリカーのようなものに乗り換えて向かいます。
それがもう笑ってしまうほどのでこぼこ道。
体が飛んで天井に頭をぶつけるほどです(笑)

 

絵画のように見える写真を撮ることはかなり難しいですが、こんな感じです。

 

f:id:ryo10nana:20171120003635j:image

f:id:ryo10nana:20171120003647j:image

f:id:ryo10nana:20171120003721j:image

デッドフレイも素晴らしかったけど、周りの景色もまた感動的でした。

 

それからセスリムキャニオンにも行きました。

f:id:ryo10nana:20171120003915j:image

ライミングをしたすぎて、してる風の写真(笑)

f:id:ryo10nana:20171120004040j:image

 
ウィントフックからここまで本当に遠かったし、砂漠の中を進んでいくのは体力的にも容易ではないですが、頑張って来る価値は大ありです。

 砂漠の写真ばかりになってしまってすみません(笑)

 

キャンプ中はシュンくんのキャンプ用のコンロや鍋をお借りしてご飯を作っていました。

ありがとう。

f:id:ryo10nana:20171124165527j:image

 

ご飯を作っている最中、こんな動物に食べ物を狙われたりして…オリックスです。

f:id:ryo10nana:20171124165634j:image

 

戦うRyo!頼もしい!

f:id:ryo10nana:20171124165711j:image

と、食べ物を取られた様子…

f:id:ryo10nana:20171124175257j:image

 

そして日中は炎天下、朝晩は冷え込む砂漠地帯でテントひとつで過ごすのは私にはなかなかキツかったです(笑)

f:id:ryo10nana:20171124165802j:image

 

実際帰って来てから相当疲れました。

シャワーがちゃんとしていたのだけが救いかな。

私以外の二人はかなり楽しんでいたようですが。

 

前回書きましたが来るまでに遭難しかけたり…

 

食事以外全部込みという約束でお金を払った私たちですが、「砂漠の入場料は自分たちで払うんだよ」とかドライバーのエドウィンに言われたり…
(結局払ってもらいましたが。彼も仲介者に騙されていた模様。)

 

彼がテントを張ってくれた所が他の人の敷地だったり…
(優しい方で使わせてくれました。)

 

本当にどこまで適当なんだ!!!!と呆れたことも数知れず。

きっとそんなもんだよね、とひたすら言い聞かせてました(笑)

 

色々なハプニングにも見舞われましたが、今となっては良い思い出。砂漠を大満喫できた3日間でした!